2015年10月5日- 9時15分
THE DARK KNIGHT RISES: premières chroniques et premiers chiffres

ダークナイトライジング:早期慢性および最初の数字を

米国で12月4日利用できる、と私たちからすぐに来て、最後の部分はノーランのバットマン三部作のリリースが正式にカナダの同僚によって記録にとどめてきた結論DVDBeaver。 Yは、ビットレート映像や音、リスニングおよび閲覧の最初の結果を証明しました。 このように、フィルムが持っていない(とそれが計画された)7.1チャンネルとして彼女を追跡することが、DTS-HDマスターオーディオでエンコードされたオーディオバージョン5.1を提供しています。 そのようなものとして、フィルムのサウンドトラックは、24ビットおよび48 kHzの下、3725 Kbpsのオーディオ(3.7 Mbps)の平均ビットレートを持っています。 結果は、映画の経験で聞いた音声に合わせて(同じ知見とさまざまなサイトに言及)、驚異的です。 (私たちのゾーンBに提案されるものと同じ)のフランス語版、それが適用さ-4dB対話の正常化と、448 Kbpsの下、ドルビーデジタル規格で提案されています)。 残念ながら、何もその側に変化していません....

画像部も非常に大きなディスクの占有率(この版で提供2つのドライブの最初)と、非常に立派にやっている:フィルムは確かに(ディスク上で使用可能な50ギガバイトの39772299264バイトを占有BD50)。 平均ビットレート(MPG 4 AVC)は、ワーナー・ブラザーズ・エディタによる符号化のための標準で23.01 Mb /秒であります

ミキシングとフィルムのサウンドデザインは、すでに(多かれ少なかれ成功を収めて)第二部で働いていたリチャード・キング、に委託されています。 映画館での会議では、提案された混合物は、主に、さらにサガの前の部分よりも優れたダイナミクス、音響芸術強化を示しました。 ハンス・ジマーが設計した音楽のテクスチャが、この意味では、この最終回の成功とアコースティックサウンドを作る最高の明快さと空間的配置のロジックを持っています。 パーティションは、それ自体は、概念や物語のように行ったことがない抽象的な音で構成されています。

1080 24ビットのオーディオブルーレイダークナイトダークナイト上昇-DTS-フランス語DTS-HDマスターオーディオ5.1 DTS-PhileのHD読めるゾーンBリチャード王ステファンロジャーTDKRのテストブルーレイ -ダークナイト-上昇-DTS TOP IMAGE TOP SOUNDワーナーゾーンゾーンB

コー​​ンウォール|ロジャー・ステファンについて

サイトDTS-Phile.comの編集者と作成者。 映画ファン教師。
ホームシネマシステム
上へスクロール
ワードプレスのSEOによって微調整するメタSEOパックからPoradnik Webmastera